DX

メタバースが教育業界にもたらす変化とは?注目されている背景や今後の動向について徹底解説

DX

メタバースは新しい技術として注目されていますが、メタバースは今後教育業界にもさまざまな変化をもたらすと考えられています。メタバースが注目されている背景や、今後の動向について徹底解説するため参考にしてください。

メタバースと教育が注目されている背景

メタバースは仮想世界でアバターとして活動をすることで、従来の理想的な人生コースと考えられていた良い大学に入って一流企業に就職するコースから外れてしまった人に対しての救いの手としても注目がされています。

コロナ流行の影響もあって日本全国どこにいても、インターネット環境が整備されていれば同等の教育を受けられるためにもさらなる発展が期待されているといえるでしょう。

メタバースと教育業界の関係性

メタバースと教育業界の関係性として最大の特徴として挙げられるのが、さまざまな理由で学校に通えない生徒に対しても仮想空間で十分な教育を受けられる機会を提供できることです。

アバターとして仮想空間の教室に通えば、実際の学校に行ってなくても仮想世界の他アバターとの交流を通じて社会に参加するシミュレーションができます。

他の人と同じ人生コースを通らなくても十分に優秀な人材になれる可能性があるため、メタバースによってすべての人に教育の機会を平等に提供をするのが大切です。

Web会議ツールとメタバースの違い

近年テレワークを活用する企業が増えてきており、クライアントとの会議がオンラインで行われることが多くなりました。オンラインで会議する際に、活用されるのがZoomやTeamsといったWeb会議ツールになります。Web会議ツールでは、クライアントとの会議や商談などに活用されます。しかしWeb会議では、必ず相手がいて常に回線を繋いでいることが前提です。しかしメタバースでは、社外に関わらず社内の仲間とも常時コミュニケーションが取れるという違いがあります。アバターという自身の分身をメタバース内に置くことで、常時コミュニケーションが可能になるのです。

メタバースが教育業界にもたらす変化とは

メタバースが教育業界にもたらす変化として考えられているのは、時間や場所・環境を問わずに、忙しくて平日の日中に用事があって教育を受けられない人でも教育を受けられることです。

社会人になってからでも勉強をしなければならない事情は多く、教育の機会を受けられれば全体的な学力や知識を高めることができるでしょう。

他にも子供であれば自由な時間に教育を受けられるようになって、学業以外にも自分が一生懸命取り組みたいと考えている対象に力を入れるのも可能です。

また、仮想空間で外国語を学ぶ方法も視野に入れられており、スムーズに外国語を学んでグローバル人材の育成にも大きな効果が期待されています。

メタバースを教育で活用するメリット

メタバースを教育で活用するメリットはさまざまですが、仮想空間ならではのコミュニケーションが取れるのが大きな魅力です。

また、人によっては現在の環境が合っていないケースも珍しくなく、環境を変えれば自分自身が持っている能力や才能を伸ばせるかもしれません。

メタバースを活用するすべての人が実際に住んでいる場所関係なく交流ができるため、新しい価値観の共有や自分の性質について知る機会にもなります。

メタバースを教育で活用するメリットとして大きいのが、全国どこでも学生とコミュニケーションが取れる・仮想空間でしか体験できない授業がある・体験学習が可能な3点が挙げられるでしょう。メタバースを教育に活かす特長を3点解説するので参考にしてみてください。

全国どこでも学生とコミュニケーションが取れる

仮想世界ではそれぞれの人が住んでいる場所は関係なく、インターネット環境が整備されていればどこからでも参加可能です。

そのため、世界中の学生とコミュニケーションが取れるため、従来の学校に通っていては知り合うことができなかった人と出会えます。

積極的にコミュニケーションを取れれば、学校以外の場所でも友人や悩みを相談できる相手ができる可能性もあるでしょう。

他にも所属している学校長が認めればメタバースで出席をすれば、現実世界でも出席をしたと判断してもらえるため、安心して全国の学生とコミュニケーションが取れます。

仮想世界でしか体験できない授業ができる

仮想世界でしか体験できない授業ができるのもメタバースの特徴です。

例えば、日本の歴史でも過去に発生した戦などを教科書上で見るのではなく、仮想空間で過去にタイムスリップをすれば、実際に自分が歴史の事象の体験ができます。

メタバースではアバターとして参加をするため、安全を確保した状態でリアルな状況を体験できるのが大きな魅力です。

このように仮想世界でしか体験できない授業ができるため、従来の教育では感じられなかった臨場感や緊張感を味わえます。

体験学習が可能

体験学習は学んだ内容を定着させるためにも重要であり、能動的な行動を起こして他のアバターとコミュニケーションを取れば学習効果が高くなるでしょう。

アバターを介してアクションを起こすことができるため、受け身の学習だけでなく能動的な学習ができます。

体験学習を通じてさまざまなアクションを起こせば、新しく学んだ知識を十分な高さで発揮が可能です。

メタバースを教育で活用する上での課題

メタバースを教育で活用するにはメリットだけでなく、多くの課題を残しているため課題を解決するのがメタバースを教育でさらに効果的に活用するには重要です。

また、メタバースはさまざまな理由で学校に登校できない生徒にも教育を受けてもらうのが目的ですが、メタバースの世界にずっといるのもまだまだ課題を残しています。

メタバースを教育で活用する上での課題としては初期投資がかかる・コンテンツが少ない・VRによる支障の3点が挙げられるでしょう。この3点の課題は、将来的にメタバースが成熟するとともに、解消される課題になる可能性があります。しかし現段階で導入するかどうかは、課題と費用対効果を照らし合わせて検討してみてください。

初期投資がかかる

メタバースを活用するためにはインターネット環境の整備が必要であり、そのためにはある程度の性能を持っているパソコンやタブレットを用意しなければいけません。授業でメタバースを使用するために必要な機材だけでなく、学校専用のメタバース空間の構築なども必要です。

コンテンツが少ない

教育場面での活用が期待されているメタバースですが、まだまだ発展途上であるため十分なコンテンツが揃っているとはいえません。

将来的にはコンテンツを充実させて、メタバース空間でできる内容を増やしていくにも、現状はまだまだメタバース空間のみでの完結は難しいです。

VRによる支障

VRによる支障として挙げられるのが、VRヘッドセットを使用していると乗り物酔いに似た症状が出る可能性があります。

どれくらいの使用時間で症状が発生するかは個人差がありますが、あまりにもメタバース空間の滞在が長くなると体調不良の原因です。

VRによる支障が出ないように注意しながらの活用が求められています。

教育業界でのメタバース活用事例

教育業界ではすでにメタバース活用事例がいくつかあり、海外の有名な大学から国内の専門学校まで幅広い場面での活用がされているでしょう。

将来的にはメタバースが教育業界で担う役割は大きくなるため、現在どのような場面でメタバースが活用されているかを理解するのは大切です。

教育業界でのメタバース活用事例について4つ紹介していきます。

スタンフォード大学

スタンフォード大学ではVRを用いて自分が体験したことのない世界を体験して、想像力で補っていた部分を身をもって知ることが可能です。

イメージとして認識をしているのと体験として認識をしているのでは、将来的に同じ局面に遭遇した際の行動内容も変わるでしょう。メタバースを活用した授業によって、これまでよりも直感的な学習をし
て学習濃度を高めています。
(参考:メタバースは大学でどのように取り入れられている?事例や魅力を紹介

角川ドワンゴ学園

角川ドワンゴ学園では入学式をメタバース空間でおこない、いろいろな授業などに関しても専門家をメタバース空間に招待して授業をおこなえるのが特徴です。

他にもバーチャルキャンパスを使用すれば、実際にある本校の内容なども確認ができるため、360度全体の視覚情報や聴覚を使用して本当に校舎にいるような体験ができます。
(参考:令和四年度 N中等部・N/S高「メタバース入学式」Zホールディングス川邊社長祝辞や音楽家SASUKEさん校歌斉唱LIVEで6,000名以上の新入生を歓迎

長岡工業高等専門学校

長岡工業高等専門学校ではメタバース空間を制作して、生徒が授業・講演を聞けるセミナールームや生徒同士でディスカッションをおこなうグループワーク教室などを設置しました。

他にも進路に迷った際には進路相談ができるミーティングルーム・生徒同士が談笑をするラウンジも設定され、4つの仮想空間を活用して学習に対する理解を深めていきます。

メタバース空間で時間・空間・言語・身体性を超えて新しい学びを生み出すのが目的です。
(参考:長岡工業高等専門学校

英会話教室「イーオン」

英会話教室イーオンではメタバース空間で他の人と英語での会話をするため、従来の英会話を学んだけれど使用する場面がない状態を解消しています。

メタバース空間では咄嗟に英語を使用する場面が生まれているため、日常空間にいながらも英会話を使用する実践力を磨くのが可能です。
(参考:メタバースで学ぶ英会話AEON VR

メタバースと教育の今後の動向

メタバースと教育の今後の動向ですが、メタバースは実際に大学などの教育機関でも導入されています。そのため、今後もさらにメタバースが活躍する場面は増えていくと予想され、自由なタイミングでの学習を可能にするでしょう。

メタバースが充実すればさまざまな理由で教育機会を得られていない人たちも、教育機会を得れて能力や才能を伸ばせるのが期待されています。

さいごに

メタバースは現在発展中の産業になっているため、まだまだ課題などは数多く残されています。しかし、将来的には抱えている課題を解決してすべての人に平等な教育機会を与えて、一人一人が自己実現ができるような手助けになるでしょう。

今後もメタバースが教育業界に与える影響には注目をして、実装されればどんどん活用をしていくのが大切です。

まとめ

今回の記事では、メタバースが教育業界にもたらす変化について解説しました。コンサルティング案件などを探している方、事例を知りたい方は、ぜひfoRProまでご相談ください。

※DX・PMO案件をお探しならfoRPro。
求人のご紹介、企業の独自情報等をご希望の方はぜひご登録ください。

    新規会員登録(無料)

タイトルとURLをコピーしました