DX

スクラムマスターを「役割と年収」から学ぶ、仕事内容と求められる経験を合わせて解説

DX

スクラム開発を成功させるスクラムマスターとは

スクラム開発とは、システム開発を行うための手法の1つです。システム開発のなかでも様々な開発手法があり、そのなかの”アジャイル”と呼ばれる開発手法のなかの1つです。特徴としては、少ない人数でチームを組んで役割やタスクを分散しつつ、コミュニケーションを取りながら開発を進めるという手法が、スクラム開発です。

ラグビーの「スクラム」が語源であり、スクラム開発はチーム内のコミュニケーションが何よりも大切です。スクラム開発のメリットとして、高速開発や柔軟性のある開発が挙げられますが、コミュニケ―ションがうまくいかないと、このようなメリットを享受できません。

スクラム開発を取り進めるうえで重要な役割を果たすのが、「スクラムマスター」の存在です。スクラムマスターは通常のプロジェクトマネージャーとどのような違いがあるのか、どのような役割があるのかを解説します。

スクラムマスターの役割と責任範囲

スクラムマスターはスクラム開発を円滑に進めるため、開発チームのマネジメントを行うことが重たる役割です。

開発メンバーが感じる障害のヒアリング
開発メンバーが開発作業において、開発を妨げる何らかの障害や課題を感じているのであれば、日々のコミュニケーション(具体的には、朝会など)を通じて把握し、取り除く必要があります。

バックログの作成と管理
スクラム開発では「バックログ」が非常に重要な要素となっています。必要な機能・改善すべき課題・実装すべき内容を一覧化し、優先順位を振り分けたプロダクトバックログと、どのチームがどのスプリント(細かく区切った期間のこと)で実装を進めるか、といったことを記載したスプリントバックログを作成する必要があります。

プロダクトバックログ作成のためには、プロダクトオーナーとのコミュニケーションや世の中のアプリケーションのUI/UXに関する知識、マーケティングの知識も踏まえて考慮する必要があります。また、スプリントバックログは開発メンバーの負荷やスキルレベルを踏まえて管理していく必要があります。

スクラムマスターの仕事内容と必要な資質

スクラム・マスターは、開発チームを短期的な目線と、中長期的な目線で支援する役割を担います。

短期目標
・プロダクト・バックログやスプリント・バックログを管理し進捗を管理する
・場合によっては進捗が遅れている開発チームを自ら支援する
・割り込むタスクやスプリント途中での開発項目の変更から、開発チームを守る

これらはプロジェクトの運営が円滑にいくようにする、という目的に沿ったタスクと言えるでしょう。

長期目標
・知識形成のため勉強会
・開発ルールの整備と見直し
・SECIモデルに基づいたナレッジマネジメントの推進

これらはチーム力強化のための、人材育成や仕組みの強化といった目的に沿ったタスクといえます。このように、スクラムマスターは目先のプロジェクトの成功と、チームメンバーの育成を考慮した責任が求められます。

なお、求められるリーダーシップとしては、メンバーに細かく指示を出すのではなく、自律的に行動を促し生産性を最大化することが求められます。場合によってはRedmine、BacklogやAsanaといったチケット・タスク管理ツールを活用するものいいでしょう。

スクラムマスターとプロジェクトマネージャーの違い

プロジェクトマネージャーの目的は、計画を立て、それに従って進捗を進めることです。一方でスクラムマスターの目的も、システムの開発や完了を目指すという点ではほとんど同じですが、異なる点を解説します。

長期的な観点
プロジェクトマネージャーは基本的にはプロジェクトという短期の目標に対して最大限の力を注ぎ責任を取る必要があります。一方でスクラムマスターはあくまでも長期的にチームの力が最大化するようにサポートします。障害をヒアリング・明確化し、チームで障害を取り除くための調整を行って、チームの成長を実現することが必要です。

ゴールに関する考え方
例えばアポロ計画で「月に行く」というプロジェクトマネージャーは、必ず月に行くためにチームをマネジメントします。一方でスクラムマスターは、プロダクトオーナーに「月に行くよりは火星を目指すのが各国のトレンドですので、火星に行きましょう」と言うことも可能です。つまり、プロダクトオーナーとのコミュニケーション次第で最終ゴールを変え続けることも可能です。

スクラムマスターの給与と求められる経験

大手求人サイトのDODAに掲載されている求人を見ると、スクラムマスター年収のレンジとしては280万円~1550万円となっており、平均しても800万円程度であることがわかります。
(参考:スクラムマスター の求人検索結果

スクラムマスターは、アジャイル開発をベースとして、IT技術によるプロダクトやシステム開発をおこないます。したがって、下記のような具体的な業務経験をしておくと有利に働きます。

・基本的なITシステム開発の知識
・アジャイル開発におけるシステム経験
・プロジェクトマネジメント経験

また、スクラムマスターとして備えておく資質としては、「コミュニケーション能力」が何よりも重要です。近年ではリモートワークも世界中で盛んにおこなわれているため、オンライン並びにオフラインにおけるコミュニケーションの方法や経験についてもある程度必要になってくるでしょう。

スクラムマスターの認定資格を受けるには

スクラムマスターとしての資質を証明する手段として、資格取得行うことも有効です。スクラムマスター関連の資格は複数の団体から発行されていますが、最も認知度が高い資格としては、認定スクラムマスター(Certified ScrumMaster:CSM)が資格があります。

これは、Scrum Alliance社(https://www.scrumalliance.org/)が提供している試験で、下記のように難易度別に3段階にわたり資格が用意されています。

・Certified ScrumMaster
・Advanced Certified ScrumMaster
・Certified Scrum Professional・ScrumMaster

もっとも簡単なランクは研修を受講の上、試験を受験し合格すると認定を受けることができます。一方で、Advanced Certified ScrumMasterやCertified Scrum Professional・ScrumMasterといった高いレベルの試験は、知識とともに実務経験も必要になります。まずはスクラムマスターの試験に合格し、実務経験を得ながら次のステップを狙っていく、という戦略をとるといいでしょう。
(参考:スクラムマスターの役に立つ認定資格・研修一覧

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回の記事では、スクラムマスターについて解説しました。コンサルティング案件などを探している方、事例を知りたい方は、ぜひfoRProまでご相談ください。

※案件単価は150~400万円、大手取引数100社超。
フリーコンサル案件をお探しの方はご相談下さい。

    新規会員登録(無料)

タイトルとURLをコピーしました