エンジニア

【データベースエンジニアの将来性】現在の需要や今後活躍できる分野・キャリアパスを解説

エンジニア

IT業界における「エンジニア」は役割・役職ごとに多岐にわたります。中でも企業が持つ膨大なデータが格納されている「データベース」を管理する役割があるのが「データベースエンジニア」です。

今回は、そのデータベースエンジニアが現在どれだけ必要とされているのか、また将来的にどのような分野で必要とされるのかを詳しく解説していきます。

foRPro募集広告

データベースエンジニアの現在の需要

まずは、現代におけるデータベースエンジニアの需要について以下の2つを解説します。

  • データベース専任のエンジニアの需要は減少傾向
  • データベーススキルの需要は増加傾向

データベース専任のエンジニアの需要は減少傾向

実際のところ「データベースを管理するだけの人材」の需要は減少しているとされています。その原因としては以下の点が挙げられます。

  • データベースソフトウェアの使い勝手が上がったから
  • オンプレミスよりもクラウドが主流になりつつある

企業のデータベースを管理するには「Oracle Database」や「MySQL」などのソフトウェアを用います。一昔前は、データベースは専門的な知識を持つ人しか扱えませんでした。しかしデータベースソフトウェアの使い勝手が上がったことにより、データベースの基礎やSQL言語を軽く学んだだけのような人でも扱えるようになりました。

さらにデータベースを管理する方法が、自社管理の「オンプレミス」ではなく外部で管理する「クラウド」に主流が変化しつつあるのも原因の一つです。

すべてのデータを自社で管理する必要がないため、以前ほど企業が大量のエンジニアを抱える必要がなくなりました。

データベーススキルの需要は増加傾向

データベース専任のエンジニアの需要が減っているからといって「データベースを扱える人の需要も減っている」わけではありません。実際は、IT市場の拡大により「データベーススキルが高い人」の需要が増加傾向にあります。

経済産業省によると、データベーススキルが欠かせない「AI」「ビッグデータ」「IOT」の分野は今後市場が拡大するジャンルのトップ3であり、拡大し続ける需要に対して人材が不足していることも問題視されています。

その原因として挙げられるのが、以下の点です。

  • 企業のAI積極導入
  • 企業のDX化

AIは単に「人工知能」のことを指して用いられることが多いですが、AIを活用すれば企業が持つ膨大なビッグデータを上手に扱えます。そこでは「機械学習」や「深層学習」に関する知識やスキルが必要不可欠であり、これらの知識は数日だけで身につくようなものではありません。

さらに、現代において国内企業は国内だけでなく世界で戦っていくために「DX化(デジタルトランスフォーメーション)」が求められています。企業におけるDX化とは古いやり方に固執するのではなく最新の技術を用いて変革を起こすことです。

もしDX化を推進しようとしている企業にデータベースを扱える人がいなければ、DX化を推進することは難しいでしょう。自社の課題を追及し改善するためには、データベース上のデータを必ず分析しなければならないからです。
(参考:経済産業省「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」p.9)

データベースエンジニアの将来性

次は、データベースエンジニアの将来性について、2つ解説していきます。

  • データ駆動型社会の到来
  • セキュリティの重要性の高まり

データ駆動型社会の到来

データベースエンジニアは、これから「データ駆動型社会」が到来するにつれて欠かせない存在だといえます。データ駆動型社会とは、簡単にいえば「データを蓄積し現実世界で活用すること」です。

実例を挙げるならば、近年において開発が急速に進む「自動運転技術」があります。自動運転は第一に安全を確保しなければならないため、単に地図上を走るのではなく、多くの人が車を運転することで蓄積されるデータを分析し、現実に車の開発へ結びつけることが必要不可欠です。

セキュリティの重要性の高まり

近年では、企業が持つ機密データが外部からの攻撃によって脅かされる実例が多発しています。サーバーが不正アクセスを受けたことにより顧客や社内データが漏洩し多大な損害を受け、中にはそれが原因で倒産するケースもあります。

そこで、データベースだけでなくセキュリティに関しても専門的な知識・スキルを持つデータベースエンジニアが役に立ちます。データベースエンジニアはオンプレミスかクラウドかにかかわらず正しくデータベースを保守・管理できます。結果的に不正アクセスを受けたとしても、会社としての損失を最小限に抑えられる可能性があります。

データベースエンジニアが今後活躍できる分野

次はデータベースエンジニアが今後活躍できると思われる分野について、以下の3つの事例を挙げて解説していきます。

  • ソフトウェアメーカーでデータベースの開発を担当する
  • SIerでデータベースの構築を担当する
  • 自社開発のエンジニアとしてデータベースの運用、管理を担当する

ソフトウェアメーカーでデータベースの開発を担当する

データベースソフトウェアの使い勝手が上がったと紹介しましたが、実はそれに貢献しているのがデータベースエンジニアに他なりません。データベースを正しく扱う知識やスキルがあるからこそ、データベースを保守・管理できるソフトウェアが開発できるのです。

SIerでデータベースの構築を担当する

データベースエンジニアはSIer業界で活躍できます。SIerとはシステムインテグレーターのことであり、主にIT分野ではない企業に対してコンサルティングを行い、同時にシステムの設計や開発も請け負います。

データベースエンジニアは「ソフトウェアを活用して膨大なデータを扱う」ことに長けています。古いシステムを流用している企業がどのように効率よくDXを進められるか、エンジニアとしての観点から質の高いコンサルティングが可能です。

自社開発のエンジニアとしてデータベースの運用、管理を担当する

SIer業界に転職しなくても、データベースエンジニアは自社のビッグデータを活用して人々の行動や嗜好、商圏分析を行いマーケティングに活用することで、個人としても企業としても成長できます。

IT系のスタートアップ企業にとっては収集するデータの蓄積・保守・管理を正しく行える人材は貴重だからです。

データベースエンジニアのキャリアパス

最後に、データベースエンジニアが自分自身のスキルや経験を十二分に活かすことのできるキャリアパスについて、以下の3つを紹介します。

  • プロジェクトマネージャー
  • データベースコンサルタント
  • データサイエンティスト
  • フリーランス

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーとは、目標を明確化したうえでプロジェクトチームを結成したり、クライアントと相談しながら開発から納品までの正確なスケジュールを立てる人のことです。プロジェクトマネージャーの仕事内容は、プロジェクト計画を策定しQCDを達成するためにマネジメントすることです。

しかし、会社によって担当する範囲や役割が異なり、納期と品質を中心に担うこともあれば、アウトソーシングなどのコスト管理まで行う場合があります。

なお、プロジェクトマネージャーの仕事内容は、プロジェクト管理に関するノウハウや手法を体系的にまとめたPMBOKに基づいてまとめられています。

システム開発におけるマネジメント業務は単に開発計画を立てるだけでなく、意思決定に直接影響を及ぼすステークホルダーと綿密にすり合わせを行いながら、プロジェクトを正しい方向に導く能力も求められます。

プロジェクトマネージャーは計画を立てるうえでデータベースの知識やスキルが求められることも少なくないため、その点でシステム開発に精通しているデータベースエンジニアは大いに活躍できます。(参考:IPA「プロジェクトマネージャ試験(PM) ~ ITプロジェクトの成功請負人 ~
【第1章】PMBOKを理解しよう:PMBOK とは

データベースコンサルタント

データベースコンサルタントとは、主に企業に対してデータベース管理システムの導入を提案する人のことです。

企業の責任者に対して、データベース管理が企業の成長において欠かせないものであることを理解してもらう必要があります。そのためには、そもそも提案する側がデータベースの仕組みを理解していなければなりません。

当然ながらデータベースエンジニアはデータベースのプロフェッショナルであり、企業に対して提示するテストデータに説得力を持たせられるため、提案する側であるデータベースコンサルタントとしても大いに活躍できるでしょう。

データサイエンティスト

データサイエンティストとは、文字通り「データを科学的に分析する人」のことです。データサイエンティストには、データを保守・管理するだけでなく分析する能力が求められており、まさにデータベースエンジニアの得意とするところです。

現代ではAIの発達により、研究分野だけでなく自社データを新しい商品・サービスの開発や自社の成長・発展につなげたい多くの企業において、データサイエンティストの需要が高まっています。

データサイエンティストに近い職種でデータアナリストがあります。企業によって業務範囲が異なりますが、担当領域には下記のような違いがあります。

データサイエンティスト
統計学や機械学習の専門的な知識を活かして、精度の高い分析モデルを構築する。

データアナリスト
企業のニーズに寄り添いビジネスの意思決定をしやすいように、データの可視化や分析などを行います。

フリーランス

データベースエンジニアは特定の企業に所属する働き方だけでなく、フリーランスとしても働くことが可能です。実際にフリーランスに対して種々の案件を提案する仕事紹介サービスにおいては、非常に多くのデータベースエンジニアに対する求人があります。フリーランスとして実績を積むことで、大企業と専属契約を結び多くの報酬を手にすることも可能です。

まとめ

今回の記事ではデータベースエンジニアの将来性についてご紹介しました。DX案件を探している方、事例を知りたい方は、ぜひfoRProまでご相談ください。

※DX・PMO案件をお探しならfoRPro。
求人のご紹介、企業の独自情報等をご希望の方はぜひご登録ください。

    新規会員登録(無料)

タイトルとURLをコピーしました