コンサルティング

【役割・分類別】プロジェクトを成功に導くPMOの類型まとめ

PMOコンサルティング

役割や職種によるPMOの類型

PMOの役割や役職は企業組織・文化・環境、そしてプロジェクト規模等により多岐にわたりますが、一般的なPMOの役割は3つに分類されます。

PMOマネージャー
プロジェクトにおける、マネジメント業務全般を管理する役割です。メンバーの管理や教育、予算管理やルール作成などを担当します。

PMOエキスパート
プロジェクト環境やルールの策定、改善及び標準化を担当します。情報分析を通じた戦略立案や業務の標準化を担当します。

PMOアドミニストレータ
プロジェクトにおける一般的な事務処理を支援します。データ収集や書類作成、経費精算などといった、業務の円滑化を担当します。

活動アプローチによるPMOの類型

PMOの役割や職種のみならず、プロジェクト課題に対するアプローチ方法によってPMOを分類することも可能です。 

支援型
PMから支援依頼があった際、適切な助言または具体的な支援を実施するアプローチ方法です。PMからの依頼に応えることが主なミッションとなります。

管理型
PMから各種プロジェクト情報を収集し、プロジェクトの枠組みや方法論の提示、スケジュール管理、使用ツールの選定や指定などを行います。

指揮型
案件に問題が生じている際など、PMOが直接PM並びにプロジェクトメンバーに対して指揮を執るアプローチです。PMの意思決定をサポートすることがミッションになります。 

組織バリエーションによるPMOの類型

クライアントの課題解決のためには、PMOをどこに配置するかも重要です。PMOの立ち位置によってPMOを分類することも可能です。

プロジェクト内PMO
PMの右腕として、1つのプロジェクト推進を支援します。日本でPMOというと、この組織体系が一般的です。情報収集、進捗報告書作成などの事務局的な役割に加えて、PMの支援といった幅広い役割が求められます。

部門PMO
部長直下に配置され、横断的に複数のプロジェクトをコントロールする場合に用いられます。事業部内で成果を求められるプロジェクトの場合、この組織形態が採用される場合が多いです。プロジェクト内PMOと比較して、より部門横断的な役割が求められると言えるでしょう。

コーポレートPMO
全社横断的なプロジェクトマネジメントを行います。具体的には、ガバナンス、標準化、教育実施、リスクマネジメント、予算管理などを行います。社内で複数のプロジェクトが進行している場合、全社の状況把握とコントロールを行うのがミッションとなっています。欧米のPMOでは、このEnterprise PMO(EPMO)が主流です。

プロジェクト報告書のフォーマット調整、仕組みを浸透させるための施策実施、リスクマネジメントや予算管理を行います。

第三者評価PMO
内部監査部や社外のアセスメントサービスを行っている企業に求められるのが、第三者評価PMOという組織形態です。各種アセスメントの結果をもとに、具体的な改善支援を行うことがミッションになります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回の記事では役割、分類別のPMOの類型について解説しました。PMO案件などを探している方、事例を知りたい方は、ぜひfoRProまでご相談ください。

※案件単価は150~400万円、大手取引数100社超。
フリーコンサル案件をお探しの方はご相談下さい。

    新規会員登録(無料)

タイトルとURLをコピーしました